JUGEMテーマ:歴史

 

 

篠山城は、関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康が、西日本20諸侯の大名に夫役を命じて築城した「天下普請」の城です。

関ケ原に勝利したとはいうものの、大阪には豊臣秀吉の遺児・秀頼が健在であったため、大阪城包囲と、豊臣家恩顧の諸大名を抑える目的もあったようです。

 

縄張奉行は「藤堂高虎」、普請総奉行は「池田輝政」

わずか1年足らずの突貫工事で完成したといいます。

 

初代城主は松平康重、そして260年余の幕藩体制のもと篠山藩5万石(のち6万石)として松平三家8代と青山氏6代に引継がれ、明治維新を迎えました。

 

大書院 入口

 

大書院は、篠山城を構成する建物のひとつで、篠山城築城とほぼ同時期に建てられました。

明治の廃城令で篠山城の建物が取り壊された中でも大書院だけは唯一残され、その後も地元で活用されていたそうです。

しかし残念ながら昭和19年(1944)火災により焼失しました。

 

 

その後、多くの人の長年の願いにより、平成12年(2000)に復元されました。

 

南側から見た大書院

 

 

 

 

 

続きを読む >>

JUGEMテーマ:歴史

 

 

高城山から南西方向に伸びる尾根の先端部分に、波多野氏が丹波に下向して最初の頃に築いたとされる「奥谷城跡」があります。

八上城跡の半分くらいの高さの小山で、別名「蕪丸城」とも呼ばれたそうです。

 

案内板によりますと・・・
室町時代中期、波多野清秀が石見国(島根県)から上京して細川勝元に仕え、応仁の乱で軍功をあげて多紀郡を与えられた。
清秀の子稙通の代になって、永正年間(1504〜1521)に八上奥谷に蕪丸城を構え、続いて浅路山(高城山)に八上城を築いたと考えられる。
その後、波多野氏は元秀・秀忠・春道・秀治と続き、主として八上城を本城として活躍し、蕪丸城はその根城的な役割を持ち、奥谷城とも呼ばれるようになった

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:歴史

 

 

2年前の9月の初め、私は青春18切符を使ってふらりと篠山市を訪ねました。

篠山城跡にある天守台は、天守が建つことがなかったというエピソードがあってそれもなかなか面白かったのですが、しかしそこから真正面に見える美しい形の山に、私の眼はくぎ付けになりました。

 

案内板によると、それは「丹波富士と呼ばれる高城山で 戦国時代には波多野氏が山城「八上城」を築き居城としたが、天正6年(1578) 明智光秀による丹波攻略で包囲され、1年にわたる籠城戦の末落城。 波多野氏は滅亡しました」・・・と。

 

戦国時代・山城・落城・・・そこには悲話があります。

そのロマンを胸に山城を歩くのが好きなのですが・・・如何せん私は方向音痴。

 

でもいつか行けたらいいな〜〜〜と思っていたら・・・

 

 

奇跡が起こりました(^O^)/

山城研究家の先生の案内で、八上城に登る事になったのです。

 

今までの私の人生は宝くじには見放され、PTAや自治会の役員には必ず当たるという苦難の連続でしたが、まさかその先にこんな幸運が待っているとは夢にも思っていませんでした。

 

その日を指折り数え、体調を万全にして、12月2日篠山市に向かいました。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:滋賀県

 

 

安土城は、織田信長が天下統一を目標に、標高199mの安土山に築いた平山城です。

その頂上には五層七階(33m)の天主がそびえ、屋根は黄金で輝く瓦で飾られるなど、信長の威容を誇る豪華絢爛なお城であったと伝わります。

しかし完成からわずか3年後、本能寺の変で信長は自刃、天主もその混乱の中で焼失しました。

 

 

安土城考古博物館から徒歩10分くらいで、安土城址の入口に到着しました。

 

 

 

JUGEMテーマ:滋賀県

 

 

浜松に続いて、次は彦根の記事です。

浜松と彦根。実は深〜〜〜い繋がりがあるのです。

 

 

彦根駅前にある「井伊直政公像」

 

 

 

 

JUGEMテーマ:国内小旅行

 

 

毎年この時期になると、黒部立山アルペンルートで「雪の大谷ウォーク」が開催されます。

妹が行ってみたいというので計画を立ててみたのですが、この時期はかなりの混雑が予想されるうえ、冬物衣類も持参しなければならないので荷物もかさばります。

それなら個人旅行よりはツアーで行く方がスムーズに行けるんじゃないか・・と期待して、最寄りの駅まで迎えに来てくれるC社のバスツアーに申し込みました。

 

そして当日(2017年4月19日)、大きな荷物をカートに押し込んで駅まで歩き、迎えに来てくれたバスのトランクに預けると、あとは身軽になってバスに乗り込みました。

ツアーは一泊二日の日程で、一日目は「高遠城址公園の桜」を見てアルペンルートの麓「大町温泉」で宿泊し、二日目早朝よりアルペンルートを通り抜けて富山県側より帰る予定となっています。

 

 

まずは「桜花繚乱!高遠コヒガンザクラ」・・ツアーのタイトルそのまま引用しました(^^♪

ここは山本勘助ゆかりの「勘助曲輪」です。

広い駐車場となっていますが、バスは満車状態でした。

(このバスは私の乗ったバスではありません・・念のため)

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:国内小旅行

 

 

鳥取・島根の旅、最後の記事です。

 

この日は朝から足立美術館と出雲大社に行き、それぞれ2時間ずつゆっくり自由散策を楽しみ、そして松江に向かいました。

松江での観光は1時間だけで、お城に行く人、城下町を散策する人、船に乗る人などそれぞれ希望に分かれて自由行動する事になっています。

しかし現地についてびっくり!

なんと!駐車場から遠い・・しかも、お城組が一番遠い(;^_^A アセアセ・・・

 

必死に歩いて、それでも15分くらいかかったかな?

・・・って事は、帰りの15分を残すと見学時間は30分(◎_◎;)

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

福井駅から徒歩10分くらいの所に、柴田神社があります。

 

戦国時代、ここには柴田勝家の北ノ庄城がありました。

 

 

JUGEMテーマ:滋賀県

 

水口には、羽柴秀吉の命によって築かれた中世の山城「水口岡山城」がありましたが、関ヶ原の戦いのあとは廃城となり、その後、徳川3代将軍家光が、将軍家上洛のための宿館として水口宿の西方に水口御茶屋を築かせました。

それが水口城です。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:国内小旅行

 

 

高知を代表する景勝地といえば坂本龍馬の銅像がある「桂浜」ですが、浜辺に下りずに背後の山手の方に進むとこれもまた有名な「坂本龍馬記念館」があります。

 

その入口にあるの像は「シェイクハンド龍馬」

龍馬と握手ができます(笑)

もちろん、しっかり握手してきましたよ(*^▽^*)

 

 

 

 

 

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 篠山市立歴史美術館〜丹波篠山の旅(10)
    シネマ大好き娘
  • 春日神社〜丹波篠山の旅(9)
    めりい
  • 春日神社〜丹波篠山の旅(9)
    めりい
  • 春日神社〜丹波篠山の旅(9)
    willy_tsuguo_shikata
  • 春日神社〜丹波篠山の旅(9)
    シネマ大好き娘
  • 青山歴史村・デカンショ館〜丹波篠山の旅(7)
    めりい
  • 篠山城大書院〜丹波篠山の旅(6)
    めりい
  • 「潯陽楼」でぼたん鍋〜丹波篠山の旅(5)
    めりい
  • 武家屋敷 安間家史料館〜丹波篠山の旅(8)
    めりい
  • 青山歴史村・デカンショ館〜丹波篠山の旅(7)
    yk

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM