JUGEMテーマ:ハワイ


ハワイの旅 目次


  1日目 ハナウマ湾と花火

  2日目 バスに乗って州政府ビルへ

  2日目 イオラニ宮殿

  3日目 ダイヤモンドヘッド登山

  ハワイで食べたもの

  4日目 ディナー・クルーズ

 

JUGEMテーマ:ハワイ


ハワイの旅も4日目。最後の夜です。
そこでフィナーレにふさわしいディナーを楽しむため、豪華客船「スター・オブ・ホノルル号」に乗りました。

★★★★★
5スター・ディナー・クルーズですぞ(笑)★★★★★



船の前で、歓迎のウエルカムダンス


まず通された4階のデッキで、船長のウェルカムレセプションがありました。
とってもスリムでハンサムな船長さんと握手して、気分は上々(笑)♥ ♥ ♥ 

船長さんと一緒に、記念写真も撮りました。

ウェルカムレセプションでは、ドリンクのハワイアンベリー二とカナッペを頂きました。


お洒落でしょう?


そして船室に通されました。
うわー!ナイフとフォークがいっぱい(笑)


見て見て、このバター。お洒落〜〜


船はアロハタワーを見ながら、ゆっくりスタートします。


船室では、ジャズピアノが流れます。


まずオーダーしたドリンクは、ハワイの定番「ブルーハワイ」


外には、きれいな景色が流れていきます。


運ばれてきたのはカップに入ったスープ
英語で説明があったのですが・・・さっぱり解らん(笑)


昨日登ったダイヤモンドヘッドが見えます。


ここで船長さんがやってきて、乾杯。「cheers!」


前菜


外は少し茜色になって来ました。


ロブスター


次の飲み物に「チチ」をオーダーしようかと思ったのですが、まさか「牛乳」じゃないでしょうね?なんて友だちと大笑いして、結局「マイタイ」にしました(笑)


そろそろサンセットの時間。
デッキに出て、カメラを構えました。


・・とその時、スタッフの人が「反対側に鯨がいる」と知らせてくれたので、急いで行きましたが、またもやシャッターチャンスを逃しました(T_T)

でもその後、写真には撮れませんでしたが、客室から鯨を見ることができました。

いよいよサンセットです。



あ〜あ〜終わりです(T_T)

お口直しのアイスクリーム


そしてメインのステーキが運ばれて来ました。ソースがお洒落〜


ワイキキの浜辺やダイヤモンドヘッドは、もう真っ暗。イルミネーションが輝きを増して来ました。


デザート


食後酒にオーダーした「ゴディバチョコレードリキュール」

合計3杯飲んだけど、全然酔がまわらないんです。なんで?

船室にはジャズ歌手も現れて、ボリュームたっぷりの歌声が響きます。


宴もたけなわ。最後にバラの花をいただきました。


お名残惜しいけど、下船の時間です。
このディナークルーズは良い記念になりました。きっと最高の思い出となるでしょう。


ALOHA ! STAR OF HONOLULU・・・・・




                           ハワイの旅  完













 

JUGEMテーマ:ハワイ


女三人のハワイ旅。
ミーハー気分で、旅行雑誌に載っているハワイ名物を食べまくりました\(^o^)/



まず初日のランチはハワイの定番「ロコモコ」



2日目のランチはパンケーキ。すごいボリュームにびっくりしながらも完食〜



3日目のランチもまたパンケーキ(笑)



3日めの夜はハワイ風のお寿司

このお寿司が美味しかった・・最高!

やっぱり日本人だね〜


4日目のランチは「アサイボール」

アサイボールとは、アサイの実をシャーベット状にして、その上に果物などをトッピングしたデザートです。
さっぱりして美味しいので、最近ちょっとしたブームとなっているようです。
ただし、あまり量が多いと身体が冷えきるのでSサイズがちょうどいいかも。



そして4日目の夜は、豪華客船に乗ってディナークルーズを楽しみました。
それは次の記事で・・









JUGEMテーマ:ハワイ


ハワイの旅3日目は、ダイヤモンドヘッド登山です。

旅行社のトロリーで登山口まで行きます。お客は私達だけ(笑)。



登山口に到着。ダイヤモンドヘッドの標高は232m。
あの一番てっぺんまで、登れるかな〜?心配。
 


途中トイレがないので、まずはトイレへ。そしていざ出陣!!


頂上までは程遠いですね〜・


やっと中間の展望台


こんな感じで登っています。


74段の階段


トンネル。足元にはスポットライトが点灯していたので、持参した懐中電灯は不要でした。


そして99の階段から噂の螺旋階段へと続く難関ルートへ差しかかりました。ギャー(笑)


でも、私たちは2011年にできたという迂回ルートへ


・・と、その前に、小休止。大迫力のクレーターが見えます。
約30万年前に火山の噴火によってできました。広さは1.4平方キロあります。


頂上まで、あと少し!


やった〜!!頂上です。ワイキキの街並みが綺麗に見えます。


どこまでも広がる水平線。ヨットがたくさん浮かんでいます。


アップにするとこんな感じ。


時計を見ると、麓から頂上まで30分経過していました。
人の流れに沿って歩いたので、これが普通の所要時間なんでしょうね。

さほど疲れることもなく、適度な運動になりました。そして貴重な体験でした。


頂上付近で見つけた花です。




次の記事では、ハワイで食べたものを総まとめしました。








JUGEMテーマ:ハワイ



ハワイのダウンタウンには、ハワイ王朝の栄華を偲ばせるイオラニ宮殿があります。
1882年、第7代国王・カラカウワの命により建てられ、王朝が転覆した1893年までカラカウワ王とその妹リリウオカラニの公邸として使われました。
アメリカ合衆国では、たいへん珍しい宮殿です。


火曜日〜土曜日の11時30分から、日本語ガイド付きツアーがあります。金額は$21.75
チケット売り場の案内は日本語で書いています。


ツアーは、イオラニ宮殿の裏側に集合します。
そして宮殿内での注意点など説明を聞き、館内の床を保護するため靴カバーを履いて入場します。
昨年(2012)の9月から写真撮影がOKになったそうです。ラッキー(^_^)v




まず入った所が1階大広間。スゴイわ、ピッカピカ(笑)
両サイドには王家の肖像画が掲げられ、中央にはコア材の階段があります。


飾り棚には数多くのお宝が並べられ、中には日本との交流を偲ぶ菊の御紋入りの花瓶もありました。



最初に通された部屋は、「青の間」と呼ばれる応接間。

当時と同じ美しい青色に張り替えられた椅子やカーテンは、まさに「青の間」と呼ばれる由縁です。
ここには、カラカウア王やリリウオカラニ女王の大きな肖像画があります。




その隣にあるのが「正餐の間」ダイニングルームです。
テーブルの上には食器が並べられ、周りには各国から贈られた肖像画が並んでいます。
ハワイ王国の国際交流の広さを物語ります。



隣には、地下のキッチンからお料理を運ぶエレベーターや、当時としては非常に珍しい水洗トイレがありました。



次は2階に案内されました。
コア製の階段は使用禁止なので、1970年代に設置されたエレベーターで上がります。

2階広間
中央のテーブルはオリジナルで、たいへん貴重なものだそうです。


2階は王様の家族の私的空間です。
広間を挟んで「カラカウア王の寝室」「王の執務室」「黄金の間」が並び、その向かい側に「リリウオカラニ女王幽閉の間」「カピオラニ王妃の寝室」があります。


まずは、カラカウア王の寝室


新しいものが好きなカラカウア王は、1890年代の王の寝室の写真を残しています。
それをパネル展示したところ、海外に散失した家具や調度品の居所が分かって、戻ってきたそうです。


奥にはタワールームと呼ばれる小部屋があります。
タワールームは宮殿の四隅にあり、ここでカードゲームなどをして遊ばれたそうです。


王様のベッド。
ただし、このベッドは復元されたもので、本物は見つかっていないとか。




王の執務室
ここには王の蔵書やコレクション、手紙などが展示されていました。
手紙はハワイ語、英語、ラテン語、フランス語で書かれているとか。すごい!

 



「黄金の間」
陽気な王様が、音楽を聞いてリラックスしたという部屋です。
カピオラニ王妃の肖像画の下に、日本ゆかりの「ついたて」があります。




そして2階広間の向かい側にあるのが「リリウオカラニ女王幽閉の間」です。

カラカウア王の後を継いだリリウオカラニ女王は、白人勢力が台頭してきたハワイを、もとのような王権に回復する新憲法を布告しようとしました。
しかし有力白人一派に漏れてクーデターが起こり、リリウオカラニ女王はこの部屋に幽閉されました。



女王は、幽閉されたその日から、キルトを作り始めたといいます。
クレイジーキルトと呼ばれる手法のキルトで、そこには女王の様々な記録が記されています。


また「幽閉の間」の入口には、当時としては大変モダンなシャワー付き浴室がありました。



そして隣の「カピオラニ王妃の寝室」です。
この部屋には、明治天皇から贈られた壺が展示されています。
元は一対あったそうですが、王朝崩壊の時に散失したため、ひとつしか残っていないそうです。
いつか戻ってくると良いのにね〜


カピオラニ王妃のベッドには、中国製シルクのベッドカバーがかけられています。
これはオリジナルだそうです。





そして再び1階に降り、最後のハイライトは・・・

シャンデリアとワインレッドの絨毯。金の調度品で飾られた「王座の間」です。
ここで舞踏会が行われていました。

この素晴らしいシャンデリアと金箔で縁取られた3面の大きな鏡はオリジナルです。


また当時の絨毯は、王朝崩壊後、資金難のため切り売りされたそうですが、たまたまその一片が発見されたため、それを基に同じデザインで作りなおされました。


本当に素晴らしい宮殿ですね。
そして、それを本来の姿に戻そうとされているスタッフの方の努力に敬意を表します。


さて宮殿内の案内が終わり、靴カバーを返して、地下のギャラリーに入りました。
地下では、当時のキッチンが再現されています。

 



また地下のギャラリーには、数々の勲章や宝飾品、当時の椅子などが展示されていました。
ミュージアムショップには、記念品なども販売されていました。

ガイドツアーは1時間半くらいかかりましたが、とても丁寧に説明して頂き、また見所も多くて、あっという間に時間が経っていたという感想です。

ここは、ハワイのお勧め観光ポイントですね。


次は「ハワイの旅〜3日目 ダイヤモンドヘッド登山」です。






 

JUGEMテーマ:ハワイ


ハワイの旅2日目。the busに乗って、ダウンタウンへ出かけました。

ダウンタウン行きのバスはクヒオ通りから乗ります。
でも、バス停に着くと同時にバスが来たので、写真を撮る間もなく飛び乗りました。

なので、これは帰りる時に撮った写真です(*^_^*)

バスの運転手さんが、トランスファーチケット(乗り換え切符)をくれました。
2時間以内ならこの切符が使えるそうですが、残念ながら帰りは遅くなってこれは使うことがありませんでした。



バスの中には、バス停の電光掲示板があります。


電光掲示板の下に、「Capital」のテロップを見たのですが、「ここ?」と思っているうちに降りそびれ、次のバス停まで行くハメになりました(笑)

降りる時には、窓にあるロープを引きます。


ひとつ乗り過ごしましたが、それでもすぐ近くに州政府ビルが見えます。



このモダンな建物がハワイの州政府ビルです。ここで州知事が執務をとっています。


山側の中庭には「ダミアン神父」の銅像が建っています。
彼はモロカイ島でハンセン病患者たちとともに生涯を送り、今も大変尊敬を受けているそうです。


四角いお顔にびっくりマナコ・・大変ユニークなお顔です(笑)


ビルの天井は吹き抜けになっていて、とても開放的。


ビルを通り抜けると、リリウオカラニ女王の銅像がありました。


フェンスを超えると、「イオラニ宮殿」の裏庭です。

裏庭にあるこの木は、1879年頃、カピオラニ王妃が植えたと伝わるインドの菩提樹です。
この木は、枝から細い根を下ろして地につけ、成長していきます。
130年の間に、木は大木になって鬱蒼と茂っています。

では、イオラニ宮殿に入ってみます。

続く






JUGEMテーマ:ハワイ


2013年1月31日。20年ぶりにハワイへやって来ました。

ハワイは雨季。でも日本の5月のような爽やかな気候です。



まず初日は、旅行社が運行している2階建てオープンバスに乗り、オアフ島の東海岸を走りました。

爽やかな風にふかれ・・と書きたいところだったのですが、実はものすごい風!帽子が吹き飛ばされそう(笑)



最初に降りたのは「ハナウマ湾展望台」
プレスリーの映画「ブルーハワイ」の舞台になった美しい入江です。


たくさんの人がシュノーケリングを楽しんでいます。

でも寒い。日本の5月の気候と同じなので、とてもじゃないけど海には入れません。
2日後に、the busに乗ってここに来て海に入る予定をしていましたが、ムリムリ・・(笑)


ハナウマ湾を後にして、さらにバスは美しい海岸線を走ります。




潮吹き穴

この時、くじらが泳いでいる姿が見えました。
海上にヒレや尻尾が見えたのですが、シャッターチャンスを逃しました(T_T)


サンディビーチ





マカプウビーチ



折り返し地点のシーライフパーク
20年前に、ここでイルカのショーを見たことを思い出しました。
今は子供が二人もいる娘も、当時は小学生でした(笑)




ワイキキに戻り、しばらくするともう夕暮れです。

ワイキキビーチにあるデューク・カハナモク像


こんなきれいな光景が広がっていました。




今夜の夕食は、ホテルのテラスでフラを見ながらバイキング。でも写真撮り忘れ・・(笑)

食後のトロピカルドリンク「マイタイ」




こうして1日目の夜は静かに終わるのか・・と思いきや、いきなり花火!!



毎週金曜日に花火があがるとは聞いていたけど、今日は木曜日。
お風呂に入っていた友だちは急いで出て来て、予想外の花火に大喜び。
 

きっと、私達がハワイに来たことを歓迎してくれているのでしょう(笑)


「ハワイの旅〜2日目 州政府ビル」に続きます。







1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM