JUGEMテーマ:滋賀県

 

 

友達のお母さんが、手作り作品の展示会を開催されたので行って来ました。

 

場所は守山市にある「うの家」

 

展示会場は、その奥にある東蔵です。

 

タイトルは「つくれる喜び 卒寿の手しごと」

 

 

 

 

ところで「卒寿」って何歳の事かご存じですか?

「卒」の字は「卆」とも書きます。

つまり「九十」歳の事です。

 

なな・・なんと!友達のお母さんは90歳を超えられたのです。

それでも、今なお意欲的に作品作りに取り組んでおられるのです。

これって、すごい事ですよ・・(◎_◎;)

 

 

では東蔵の中に入ります。

 

オッと!

ひな飾りかと思いきやそうではありません。

段に並んでいるのは「ミニ着物」なのです。

 

「ミニ着物」って、読んで字のごとく小さなサイズの着物ですが、なんと模様もミニサイズなんですね(◎_◎;)

 

それにしても豪華な模様。花嫁衣裳ですね〜

 

これは、背と袖の模様がつながっていますよ。

かなり頭を使わないと、こんな風には仕上がらない。上級コースですね。

このミニ着物作りを始められたのが85歳の時だそうです。

「60の手習い」という言葉がありますが、それをはるかに超えた年齢からスタート・・

そのチャレンジ精神を見習いたいものです。

 

 

 

 

段飾りの左右には、カラフルな色彩の布を使ったポーチや財布、そして小物などが展示されていました。

壁には短歌の色紙も並んでいました。

 

わ〜いろんな事をされるのだ〜

 

「がまぐち」って、手作りで作れるのですね。

布と金属をつなげる所など、力が要るのでは?と思いますが。

 

 

 

こちらのコーナーには衣類やバッグの手作り作品が展示されていました。

 

その中でちょっと気になったのが「ネクタイ2本からバッグ」

 

だいたいどこの展示会でも「展示品にはお手をふれないでください」と書いてある事が多いのに、ここでは「お手にとってご覧ください」と書いています。

 

ではお言葉に甘えて手にとり、裏側を見せてもらいます。

 

あら!ホントだ!

2本のネクタイを使っている(◎_◎;)

 

それにしても、ネクタイは細い布で、しかもバイヤスの生地を使っているので、とても扱いにくいと思います。

その生地を根気よく広げて、丁寧に扱って縫って、作品を創られたのですね。

きっとこれは、お亡くなりになったご主人の大切な思い出のものなのでしょう。

 

 

そう言えば我が家にも、使わなくなったネクタイが束のようにあります。

捨てようと思いながらも、また使うことがあるかも?と思いながら、結局使わない・・

そうだ!私もバッグ・・・は無理でも、財布・・それも無理かも(笑)・・

でもティッシュカバーなら作れるかも知れない(*^-^*)

まずはネクタイを広げてアイロンをかけることから始めましょう(^^♪

 

 

他にも、紹介しきれないほどたくさんの作品がありました。

私はそれを見て「元気」と「意欲」をもらいましたよ。

お近くの方はぜひお立ち寄りになって、そのパワーをもらってください。

 

 

「つくれる喜び 卒寿の手しごと」展は平成29年2月24日〜3月3日まで。

 

 

 

 

 

 

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
すごいですね〜〜〜〜

シネマは、そんなに長くいきれないかも〜

アルチューハイマーですから〜〜〜!

最近字が読めなくなって〜針とか絶対無理です〜

仕事の時は、ルーペ〜

ああ〜悲しいよ〜〜!
  • シネマ大好き娘
  • 2017/02/28 04:01
ミニ着物、素敵ですね!
ドラえもんのスモールライトだったでしょうか、小さくなる道具使って着てみたいくらいです(^^)

特に、めりいさんが「上級コース」と仰っている色柄のが着てみたいです♪

ネクタイの布の面積って結構あるんですね。
かばんまで作れるくらい大きいなんて知らなかったです。


御年90を超えられても、こんなに素敵な作品が作れる方がおられるなんて、すごいですね☆
シネマさん。
>仕事の時は、ルーペ
あ、あのテレビのコマーシャルでお馴染みのルーペですか。
さっそく新しい物を取り入れてお使いになるなんて、やっぱりシネマさんはお若いわ(笑)
  • めりい
  • 2017/02/28 09:44
一乃さん。
ネクタイの生地は細いので、それを切って横につなげてカバンが作られたのだと思います。
だからすごく手間暇がかかっているんですね。
布を大切に使うという気持ちが込められています。

>ドラえもんのスモールライト
いえいえ実物大の大きさで、ぜひ豪華なお着物をお召下さい。
お気に入りのお着物は勿論、その上の花嫁衣裳もおススメです(笑)


  • めりい
  • 2017/02/28 09:57
何歳の事かご存じですか。ん? 知らないなー。 それどころか古希(最近よく使うので)以外で知っていてもほんの少々です。なもんでPCの「お気に入り」に入れてあり、早速その一覧表を。ありました、卒寿。他に九十路なんかもあるんですね。

ご友人のおか―さま、85歳からですか、素晴らしいです。見習うことが出来ればと思います。

私、あのインストラクターのような格好いい滑りがしたくて今日もびわ湖バレイスキー場でレッスンを受けてきました。古希の挑戦! 
  • Kenny
  • 2017/03/01 19:29
kennyさん。
私が知っているのは「還暦」だけです(笑)
やっぱり自分の年齢に近いものだけ知っているものなのですね。
古希・喜寿・・いろいろあって覚えられないけれど、その年齢になったら、順番に覚えられるのでしょう。

古希でスキー!
精神年齢はヤングです。
  • めりい
  • 2017/03/02 14:07
段飾りにミニ着物・・・
これもまた新しい発想ですね☆
何でもミニチュアのものの方が、作るのに手間がかかるでしょうね。
高齢になっても、何か自分の好きなことを続け、また人にミ見てもらうという精神がボケ封じになるのかもしれません。
私たちも何かを続けていきましょう😊

  • しずか
  • 2017/03/02 14:57
うの家できてもう4年ぐらいたってますよね。総理大臣の家がなくなるとはびっくりしました、宇野治 さんが国会議員で後で落選してからお金がいったんでしょうね。でも守山はお金かけて立派にされて大成功ですね。いろんなもようしがあります。

でも友達のお母さんはすごいですねこんなお年なのに、ほんとびっくりですね。
  • そば打ちおじさん
  • 2017/03/03 09:51
めりいさん、琵琶湖まわったり、展覧会行ったりと好奇心に
衰えはないですね。

うの家って古い建物がそのまま残っているのがいいです。

しかし、人間は古くなってくると使いかってが悪くなります。
私もルーペ買いました。けっこう便利です。

卒寿の方、こんな細かい作業、ルーペなしでやっておられるのでしょうか。
  • ラメール
  • 2017/03/03 13:11
へー!
ネクタイ2本でバッグが出来るなんて想像もつきません!
吃驚!です!
しずかさん。
私たちがブログを始めて早や10年余り・・
その間に体力も気力も落ち、最近は何をするのも億劫になってきました。
でもこの手仕事展を見て、私なんかはまだまだ若いと励まされました。
頑張らなくっちゃ・・
しずかさん、手を引いてね(^^♪
  • めりい
  • 2017/03/04 21:22
そば打ちおじさん。
うの家が市民の集いの場になってから5年になります。
講演会あり、展示会あり、レストラン・カフェありで、私も何度も足を運んでいます。
本当にありがたいスポットだと思っています。

政治家になって私腹を肥やす人、私財を失う人。
その違いは大きいですね。
  • めりい
  • 2017/03/04 21:33
ラメールさん。
ルーペって、テレビCMのあれですか?
手に持たなくてもいいので便利ですね。

手作り展の作品を創っておられる写真があったので確認してみたのです、メガネはかけておられるようです。

私も老眼がひどくなって、パソコンを見るにもメガネが離せません(^^♪
ルーペ買おうかしら((+_+))
  • めりい
  • 2017/03/04 21:44
四方さん。
現在は断捨離なんて言って何でも捨ててしまうけど。昔の人は、何でも大切にリサイクルして使いましたよね。
その気持ちが大切だと思いました。

  • めりい
  • 2017/03/04 21:48





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM