JUGEMテーマ:歴史

 

 

篠山の城下町を歩いていると、いたる所でこのような案内表示を見かけます。

観光客にやさしい街ですね。

 

 

そして武家屋敷群が残る「お徒士町通り」に到着。

 

 

この辺りにはお徒士衆の住宅が十数戸残っていて、城下町らしい景観が見られます

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代、篠山城の外堀の外周に、その身分によって武家屋敷が配置されていました。

 

安間家は、篠山藩主青山家の家臣で下級武士。

その住宅は「お徒士町通り」と呼ばれる武家屋敷群の一角にありました。

通りに沿って土塀と棟門が配され、家は入母屋造りに茅葺屋根。

お徒士衆に割り当てられた間口は8間で、周りには、今も同じような規模の住宅が並んでいます。

 

 

道路と土塀の間に「犬走」のような空き地があります。

これは天保元年(1830)の大火災の時にお徒士衆の住宅の大部分が焼失したため、復興に際し、道路より6尺後退して火災に備えたと伝わります。

 

 

門をくぐって、すぐに井戸があります。

これも火災に備えた井戸のようです。

 

 

安間家へ入って、古地図を見ながらお話を聞きました。

この古地図は「天保8年製図」と書かれています。酉年だったようです。

四角に囲んだ部分をズームアップすると・・・

 

 

お城の外堀のすぐ側には大きなお屋敷が並び、その外側(西側)に小さな住宅が並んでいます。

上級武士ほど、お城の近くに住んだようです。

○印をつけたのが「安間家」。今も同じ場所にあります。

 

向きを変えて読むと「安間熊五郎重明」「米拾二石三人扶持」と書かれてます。

うわ〜サラリーまで地図に書かれるのですか(>_<)

米12石を現在に換算すると120万くらいだそうです。(計算の仕方には諸説あるそうです)

けれど田畑があったので、上級武士のほとんどは篠山を離れても、御徒衆の武士はこの地に留まったそうです。

だから町並みが残った訳ですね。

 

 

安間家に伝来した古文書や日常に用いられた食器類や家具、また寄贈を受けた武具や史料など展示されていました。

 

 

 

 

昔懐かしい水屋の中に、これまた懐かしい生活用品があります(^^♪

 

その中のひとつ。

これは、串カツの串ではありません。「伸子張り」です。

昔、着物を洗うとき、ほどいて布状にし、この針で幅を固定して両端を吊り下げ、刷毛で洗いました。

私が子どもの頃、見たことがあります〜〜懐かしい〜〜

 

 

もうひとつ「火熨斗」 この中に火のついた炭を入れてアイロンのように使います。

これも、子どもの頃に見たことがあります。

 

 

そして「かまど」 懐かしい〜

あまり「懐かしい〜懐かしい〜」と書くと、私の年がバレますね(>_<)

 

私が子どもの頃「映画で」見た・・と訂正します(^^♪

 

 

 

 

庭には「丹波水琴窟」

手水鉢の水を柄杓にとり、玉石の上にゆっくり落とすと、カラ〜〜ン、カラ〜〜ンと清らかな音が響きます。

仕掛けは地中に埋められ伏甕。

もちろん甕は丹波焼で、大きさは最大径65僉高さ65僉二昼夜かけて約1200度の温度で焼かれたそうです。

 

お庭に蹲(つくばい)を設け水琴窟の音色を楽しむとは、やはり丹波焼が盛んだったからこそ、そんな風流な遊びもできたのでしょうね。

 

 

 

 

 

次の記事は「春日神社」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018.06.18 Monday
  • -
  • 18:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
みたことないものばかり〜〜

寒くて、手の指が地割れしてます〜

冬は苦手〜昨日Facebookで、亡くなった昔の彼氏の娘さ

ん、みっけました。今は離婚してこっちにかえってると

か〜最後の娘さんの父の遺体があがりましたが、頭にこ

びりついています。
  • シネマ大好き娘
  • 2017/12/13 04:47
シネマさん。
写真の古き良き時代の品々、見た事ないですか?
やっぱり貴女は若い!

ぼたん鍋がいろんな事を思い出させたようですね。
辛いな〜
やっぱりぼたん鍋を食べて、忘れましょう(>_<)
  • めりい
  • 2017/12/13 22:46
案内板があるのは助かりますね。
ちょうど分岐点のところで迷うことがありますから。

この日はお天気もよく史跡巡りには最適だったでしょう。
武家屋敷が見事に保存されているのがわかります。
  • しずか
  • 2017/12/15 12:23
しずかさん。
私は雨女なので、山城に登るため雨合羽を準備して行きました。
そしたら晴天!
私にはあり得ない奇跡です。
史跡巡りは戸外で写真を撮るので、晴天は有難いです。
  • めりい
  • 2017/12/16 23:19





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 新緑のメタセコイアそして余呉湖〜滋賀県
    しずか
  • 住友活機園〜大津市(3)
    めりい
  • 住友活機園〜大津市(3)
    めりい
  • 住友活機園〜大津市(3)
    めりい
  • びわ湖大津館とイングリッシュガーデン〜大津市(2)
    めりい
  • 新緑のメタセコイアそして余呉湖〜滋賀県
    tsuguo_shikata
  • 新緑のメタセコイアそして余呉湖〜滋賀県
    シネマ大好き娘
  • 住友活機園〜大津市(3)
    ラメール
  • 住友活機園〜大津市(3)
    Kenny
  • びわ湖大津館とイングリッシュガーデン〜大津市(2)
    藤南一乃

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM