JUGEMテーマ:歴史

 

 

篠山城下町では、篠山城跡大書院辺りから二階町通りにかけて多くの観光客で賑わっています。

団体バスツアーなのでしょうか、集合時間が・・という声が聞こえてきます。

篠山市は京阪神に近いので、日帰り旅行にぴったりのコースなのでしょうね。

 

でもやっぱり篠山は、ゆっくり宿泊して美味しいぼたん鍋を頂くのが一番ですよ。

 

 

そんな光景を見ながら、春日神社へ到着

 

 

 

 

 

 

 

春日神社は、平安時代にこの地を所領していた藤原氏が、その氏神である奈良の春日大社より分霊を篠山の地に勧請したのが始まりと伝えられる古社です。

 

 

神門をくぐり抜けると・・

 

 

そこには、篠山藩第13代藩主青山忠良が寄進した能舞台が鎮座していました。

このお殿様、お能が大好きだったそうです。

 

 

能舞台の背景に描かれた鏡松、舞台の床下に埋められた丹波焼の大甕など、全国に数ある能舞台のなかでも屈指のものとされ、国の重要文化財に指定されています。

 

・・・といっても能舞台は閉まってるし、見られない・・

 

いえいえ、諦めてはいけません。

ここから覗けます(^O^)/   (実は案内の先生から聞きました)

 

うわ〜見えます!写真も撮れます!

背景の松は「松岡曾衛門の筆」という記録が残るそうです。

 

 

 

しかし、床下までは見られないよ・・ね。

 

いえいえ、この板を外して見られます。

 

うわ〜ホンマや!丹波焼の大甕が転がってる!

転がっているのではなく、舞台下の音響効果のため置いているのです。

7個の大甕があって、見えるのは本舞台下の5個、あとの2個は後座の下にあるそうです。

能舞台建立に際して当時の丹波焼陶工に注文したもので、大甕のひとつには「立杭釜屋村源助」と銘が刻まれているそうです。

 

そう言えばお能の舞台で、シテだかワキだか?床に足を置いた時「ドン」と心地よく響く音がしますね。

あの仕掛けがこれなんですね。

 

 

 

能舞台の前にある「青山忠良公顕彰碑」と「翁之像」

 

あ、そう言えば、昨夜泊まった旅館「潯陽楼」のご主人から、毎年元旦の早朝に能会が催され「翁」が奉納されると聞きました。

このことだったのですね。

資料によると、元旦だけでなく、春にも能が奉納されるとか。

江戸時代の藩主の教養と文化が今も引き継がれているんですね、すごい事です。

 

 

 

 

春日神社のもう一つの見どころは「絵馬殿」

 

 

「黒神馬(くろしんめ)絵馬」 躍動感がある絵ですね。  

狩野尚信の筆と言われる絵馬で、馬が絵から抜け出して黒岡の畑の豆を食い荒らしたという伝説があるそうです。

ホントに今にも飛び出しそうな絵ですね。

 

 

 

何やら怖そうな絵馬 題名は「大森彦七南朝の雄魂に悩まされる図」です。

足利尊氏の幕下である大森彦七が、湊川合戦で楠木正成に詰腹を切らせたむくいとして南朝諸雄の霊魂に悩まされたという「太平記」の故事によって描かれたものだそうです。

武士と言えども、やっぱり死んだ人の幽霊は怖いのですね。

 

 

私が好きな「巴御前」の絵馬もありました。

 

 

 

 

ところで、春日神社では毎年10月に「春日神社の祭礼」が開催されます。

9基の「鉾山」の巡行、渡御行列、太鼓神輿の練り歩きなど、大変華やかなお祭りだそうです。

特に「鉾山巡行」は、まるで京都祇園祭のようで華麗で壮観だとか。

 

その鉾山を飾る懸装品や資料が今、近くの「歴史美術館」で展示されているそうです。

これから、そちらに向かいます。

 

 

あ・・本殿にお参りするの忘れた・・

遠くから本殿向かって・・パン!パン!〜〜アン!

 

 

 

 

次は「篠山市立歴史美術館」の記事です。

 

 

 

 

 

 

  • 2018.04.16 Monday
  • -
  • 20:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
巴御前って、女の人ですよね?!

絵馬は、ロマンがありまする!
  • シネマ大好き娘
  • 2017/12/14 04:51
丹波篠山青山藩からすぐに東京の青山墓地が思い出されますが、この地の春日神社には篠山藩第13代藩主青山忠良が寄進した見事な能舞台が国重文として残っています。床下の壺など音響効果をあ上げるためにあるなど良く理解できますね!
  • willy_tsuguo_shikata
  • 2017/12/14 13:21
シネマさん。
平安時代の終わりの頃、巴御前は木曽義仲と共に馬に乗って、勇ましく戦ったのですよ。
かっこいい女性ですね。
  • めりい
  • 2017/12/14 19:44
四方さん。
wikiで調べたら、青山墓地は美濃国郡上藩の藩主だった青山家の下屋敷跡に開設されたと書いていました。

篠山藩も幕末まで青山氏だったので、ということは、何人かの藩主を輩出していたってことですね。

青山氏は、すごい勢力がある家系だったのですね。
  • めりい
  • 2017/12/14 19:51
青山氏は徳川家の親藩でしたね!
老生青山墓地は篠山の青山氏の藩邸跡と思い込んでいました。ありがとうございました!
  • willy_tsuguo_shikata
  • 2017/12/15 09:44
四方さん。
青山氏の最初の記録は、松平広忠の家臣から始まるそうですね。
だから徳川家とっても、代々信頼のおける家系だったのでしょう。
篠山藩は青山氏の宗家、郡上藩は分家(4男)で、東京青山通りの北面に宗家、南面に分家の下屋敷があったそうです。

四方さんのお陰で、青山氏について詳しく知ることができました。
ありがとうございました。
  • めりい
  • 2017/12/15 11:26
私のところからだと、泊まりでなければ行けませんね。
せっかく遠出したからには、ゆっくり散策したいですし!

大きな絵馬が素晴らしい!
これも実物を見てみたいです😄
  • しずか
  • 2017/12/15 12:25
しずかさん。
篠山市は大阪から快速で1時間10分くらい。
そこからバスで10分?くらいだったかな?
徒歩圏内に観光地が集まっているので、観光しやすい所ですよ。
ぜひお出かけ下さい。
  • めりい
  • 2017/12/16 23:29





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM