JUGEMテーマ:滋賀県
 
美人母・三姉妹でランチ。平均年齢は64歳(笑)

場所は滋賀県守山市、今年(2012)7月にオープンした「しが咲く屋」さんです。


お庭


メニューはいろいろありましたが、三段弁当を頼みました。
メインは「えびフライ」「ごましゃぶ」「ぶたの生姜焼き」の三種類。種類別に色分けされた風呂敷に包まれて登場。


私は「ごましゃぶ」を頂きました。

豚しゃぶが柔らかくて美味しい。「養老山麓豚」を使っているとか。これでお値段は1500円。

そして150円プラスするだけで、デザート付きに。


合計1650円でこのボリューム。安いでしょ?



美人母・三姉妹の思い出話は尽きず、ランチの二次会へ(笑)
コメダコーヒーのサマージュース??だったかな?忘れました(^^ゞ


居心地がいいので、つい長話になり、気が付けばもう4時。

来年も母が健康でありますようにと願って、三姉妹は解散しました。







JUGEMテーマ:滋賀県
 
昨日、滋賀県の冬の観光パンフレットを頂きました。


興味あるイベントがいっぱいあるので、いつも楽しんで読んでいます。




・・・そんな中で、「あれ?」と思った記事がありました。

これです。湖北名物”お講汁”




今から35年程昔の事。
結婚して日も浅い私は、夫の実家の「報恩講」のお手伝いに行きました。
「年忌法要」なら知っていますが、「報恩講」???

しかも多くの親戚を夕食に招くため、「おくどさん」の釜で野菜をゆでたり、味噌汁を作ったりするのです。

味噌汁は、大きく切ったカブラと油揚げを入れたもので、「おこ汁」と呼ばれるもの。
なんでカブラ汁でなくて「おこ汁」なん???

知らない人がいっぱい、分からない事がいっぱい・・
えらい所に嫁いだもんや(T_T)



そして年月が流れ、毎年恒例の「報恩講」はなくなり、数年ごとの「年忌法要」だけになりました。
家でお料理することもなく、皆でそろって外食するようになりました。

「おこ汁」をおくどさんの釜で作ったのも昔の話となり、その名前に疑問を感じた事も忘れていました。


そんな時です。滋賀県の観光パンフレットを見たのは。
もしかして「おこ汁」とは「お講汁」の事?・・・・


さっそく「湖北」「お講汁」で検索をしてみたら、出るわ出るわ色んなスタイルの「お講汁」
カブラの煮物みたいなお講汁、カブラの葉っぱも入ったお講汁

お講汁とは、お寺の報恩講で振舞われる「カブラを入れた味噌汁」の事とか。
「おこ汁」は「お講汁」が訛った言葉だったのですね。



おくどさんの釜でお講汁を作る事はなくなりましたが、今でも我が家の、冬の定番メニューとなっています。


お講汁は作ってすぐ食べるより、何度も温めなおして食べるほうが美味しいので大鍋で大量に作ります。
これは3日前に作ったものです。まさかブログに載せるとは思ってもいなかったので、油揚げは入っていません(*^^*)

ゴマをトッピングしていますが、好みで刻みネギを入れる事もあります。

熱々で頂くと、本当に美味しいですよ。。
味がしみ込んだカブラは、柔らかく口の中で溶けます(゚д゚)ウマー



「お講汁」は湖北だけでなく、湖国全体の名物です。








JUGEMテーマ:滋賀県
 
サークル中間と忘年会。今年2回目です。
場所は滋賀県守山市にある「居酒屋加藤」さん。




3年ほど前に平兵衛庵さんの別館としてオープンされたのですが、最近リニューアルされて広くなっています。




部屋は掘りごたつの個室。
敬老会予備軍の私達(笑)には、掘りごたつが嬉しいです。




お料理も器もお洒落ですね。


これはまた、友だちや家族で来たいですね。
大満足の忘年会でした。




JUGEMテーマ:滋賀県
 
サークル仲間と忘年会




お料理を運んでいる人が私に向かって「写真を撮らせて下さい!」って・・
私って、そんな有名人?




ではなくて、京都に住むその人の友だちが、私にそっくりなんだって。




そういえば4年前にラスベガスに行った時、レストランで知らない人に親しく話しかけられました。
もちろん英語で。
「$%&’!”#$%#$%&!”#$」さっぱり解らない・・

一緒にいたjonが「#$%」と答えたら、「sorry」と言って立ち去って行きました。

後で聞いたら「あなた、このお店で以前働いていたでしょう?」って言ったんだって(笑)


世の中に自分に似た人が3人いるというけれど、私のそっくりさんは京都とラスベガスに住んでいるようです。




JUGEMテーマ:滋賀県
 
先日(11月3日)、昔の仕事仲間3人でランチをしました。

大津市一里山にあるガストロノームです。


本日のメインは魚料理とパスタの2種。どちらかをチョイスします。




両方チョイスして、いろんなお味を楽しみました。

メイン以外はビュッフェスタイルなので、飲み放題、食べ放題。


シルバー世代に突入した3人の話題は、若かりし頃の回顧談、そして老後の話。

お土産に「一里山アンパン」を買いました。


これ、すごく大きいんですよ。そしてあんこがたっぷり・・
一人では、食べきれません(笑)

         




JUGEMテーマ:滋賀県
 
ママ友とランチに行きました。
守山市梅田町にあるお好み焼きの店「くいしん坊」です。


4人が別々のお好み焼きを注文し、1/4づつ食べました。色んなお味が楽しめます。

ねぎ焼


広島焼


関西焼


オムソバ


このオムソバのたまごがフワッとして、美味しかった・・

お会計は一人あたり800円くらい。主婦の安いランチでした。



場所を変えて、ティータイム。

ママ友といっても25年も昔からのお付き合い。4人ともアラ還の世代だから、正確に言えばババア友(笑)

もっぱら話題は、孫の話、年金の話・・・



話は尽きることなく続き、気が付けばもう夕方。

次回は紅葉を見に行く約束をして別れました。


あっ!コーヒーショップの写真撮るの忘れた・・・(笑)




JUGEMテーマ:滋賀県


草津近鉄デパート5階にある「モクモク風の葡萄」に、ランチに行きました。


ここは、三重県伊賀にある「モクモク手づくりファーム」直営農場レストランです。
農場の野菜とモクモク工房で作られたハムやウインナー、パンなど60種類ものお料理が並ぶ、ビッフェスタイルのレストランです。


伊賀の里モクモク手づくりファームといえば、手づくりウインナーで有名。
スーパーでも売っているけど、少々お高いので、なかなか口にできません(笑)

そこで、ここぞとばかり、たっぷりのウインナーをお皿にのせてぱくつきました。
木のお皿がナチュラルな感じでいいですね。


でも子どもたちがお皿にのせたのは、プチトマトと梨。
それなら、家でも食べられるのに・・・


しかもプチトマトを両方のほっぺに入れて遊んでいます(笑)


真似してボクも・・
 

おいおい、しっかり食べてや! 夕食の分まで・・・・

いくら食べても同じ金額なんやから(笑)

JUGEMテーマ:滋賀県

つい先日父が亡くなったと思っていたら、もう7回忌を迎えました。
本当に月日が経つのは早いものです。

法事の後、お寺さんや親戚と一緒に、守山市にある「平兵衛庵」に行きました。


平兵衛庵は、リーズナブルなお値段で、盛り沢山なお料理を提供してもらえる人気のお店です。
ただし、予約客のみとなっています。

お料理は全13品あったのですが、全部の写真を載せると長くなるので、ポイントだけを紹介します。

まずは、エビが入っているお造り・・豪華でしょ?


ブルーの水を張った器が涼しさを演出しています。


はまぐりとホタテ、そしてフォアグラ


お肉がとても柔らかい
 
他にも田楽、焼き物、グラタンなどがあり、お腹がいっぱい・・
親戚にも大好評を頂きました。

法事でお食事をするのは、今回で3回目ですが、実は3回とも違うお店に行ってます。
同じ金額でお料理を頼んでいるので、その違いは歴然!!

次回もこのお店にしたいと思います・・と言っても6年先の話ですが(笑)

JUGEMテーマ:滋賀県

母は、この8月で83歳になりました。

私のお気に入りのお店「如月」でお誕生会を行いました。
 

夏といえば、鱧(はも)
京都育ちの父の大好物で、毎年夏には必ず食べたものです。
子どもの頃は、ちょっと苦手でしたが・・
その父も、今年7回忌を迎えます。


鯖寿司・・大好きです。


冷たいものが続いたので、ここらで温かい椀物


おナスの器に、とろみをつけた野菜の煮物。冷たくて美味しい・・


これは何だったのか、思い出せない・・認知症進行中。


大根のケンの下にはタコの刺身。


夏はやっぱりソーメンで締めです。


そしてデザートにはアイスクリームと


コーヒー


あっさりと、上品なお味で、優雅な気分でお食事を頂きました。

そして、柔らかく調理してあるので、歯の少ない母も完食できました。
それが一番の親孝行になったかな?

これはランチの3,000円コースですが、2,100円くらいからいろいろあります。

如月の住所:滋賀県守山市守山3-24-30

電話番号:077-583-3363  ランチには、予約が必要です。


JUGEMテーマ:滋賀県
 
ブロガーの歴史探訪も午前中の日程を終わり、近江商人のふる里〜五個荘でお食事をする時間になりました。

五個荘の観光拠点施設「プラザ三方よし」にバスを止めて、近江商人の白壁と蔵屋敷の街並みを見ながら、お食事処へと向かいます。

「三方よし」とは「売手によし、買手によし、世間によし」という近江商人の理念を表した言葉で、暴利をむさぼらず、良心的に、そして勤勉に商いをした近江商人の姿勢が示されています。



五個荘の街並み




舟板塀
蔵の白壁を強い雨から守るため、びわ湖に浮かんでいた古い舟板を塀に使用しています。


五個荘の歴史ある美しい街並みでは、多くの映画やドラマが撮影されています。




弘誓寺
那須与一の孫「愚咄坊」(ぐとつぼう)の開基と伝わる真宗大谷派のお寺です。


瓦には那須与一にちなんで扇の紋が・・


お食事は自由昼食だったのですが、あまり時間もないため、簡単に食べられるめん類の店にしました。


お店の中には川戸(かわと)がありました。
川戸とは、屋敷内に水路を引き込み、屋根をかけ、洗い場となっている所です。
魚も飼えるし、防火用水の役目もあります。


店内は古民家風で、どこか懐かしい風情があります。


一番早く出来るものと聞けば、やっぱり「ざるそば」という答えが返ってきます。


この箸置き・・ちょっとおしゃれですね。


やっぱり手打ち麺は美味しいですね。
しっかりこしがあって、めんつゆとの相性もよく、あっという間に完食です。

・・時間があれば、もっと食べたかった・・

お会計は700円也。

五個荘には、藤井彦四郎邸など4軒の近江商人屋敷と近江商人博物館などがあるのですが、今回は時間の都合上、街並みを見ただけで通過しました。
また機会があれば、訪れてみたいと思います。

さて、再びバスに乗り、甲良町へと向かいました。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM